読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事に悩んだら、フリハク。

自由な働き方・生き方を考えるブログ

人生を切り拓くのに必要な「ただ一つのこと」

どうも!

今回は人生を切り拓くのに必要なただ一つのことを

20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義

から紹介します。

 

20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義

20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義

  • 作者: ティナ・シーリグ,Tina Seelig,高遠裕子
  • 出版社/メーカー: CCCメディアハウス
  • 発売日: 2010/03/10
  • メディア: ハードカバー
  • 購入: 475人 クリック: 17,353回
  • この商品を含むブログ (403件) を見る
 

 

人生を切り拓くのに必要なただ一つのこと

それは「あなた自身に許可を与える」こと。

「常識を疑う許可、世の中を新鮮な目で見る許可、実験する許可、失敗する許可、自分自身で進路を描く許可、そして自分自身の限界を試す許可を、あなた自身に与えてください(中略)実はこれこそ、わたしが20歳のとき、あるいは30、40のときに知っていたかったことであり、50歳のいまも、たえず思い出さなくてはいけないことなのです。」  (本文より)

 

何かを始めるとき、何かを変えるとき、何かを止めるとき、いろいろな人が「もっともらしい」ことを言って、あなたがあなた自身に許可を出すことに反対してきます。

もちろん、中には真摯なアドバイスもあるかもしれません。

ただ、あなた自身さえも「もっともらしい」ことを自分に言い聞かせて、自分がしたいことの許可を与えないようにしてませんか?

 

「この本の物語で伝えたかったのは、快適な場所から離れ、失敗することをいとわず、不可能なことなどないと呑んでかかり、輝くためにあらゆるチャンスを活かすようにすれば、限りない可能性が広がる、ということでした」(本文より)

失敗せずして成功がないことは誰もが知っています。

ただ自分に失敗をする許可を与えられる人はどれだけいるでしょう?

許可は外から与えられるものではありません。許可をするのは自分です。

そのことを知ることで、人生はもっと楽しく変えられるのではないでしょうか?

 

本の中では、自由に発想するための方法や困難を乗り越えるエピソードがたくさん紹介されています。

人生を切り拓く勇気をくれる本です!

よろしければ手にとってみてください。

それでは!

 

20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義

20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義

  • 作者: ティナ・シーリグ,Tina Seelig,高遠裕子
  • 出版社/メーカー: CCCメディアハウス
  • 発売日: 2010/03/10
  • メディア: ハードカバー
  • 購入: 475人 クリック: 17,353回
  • この商品を含むブログ (403件) を見る