読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事に悩んだら、フリハク。

自由な働き方・生き方を考えるブログ

モチベーションもキャリアも同時アップする方法

どうも!

今日は仕事のモチベーションが上がらない人へのハックを一つ紹介します。

それは「一つの事に突出してみる」ことです! さっそく見ていきましょう!

 

モチベーションが下がったら突出する時

会社に入ってどんな仕事をしても、いつかはモチベーションは低下します。

同じ業務を3年もすれば、人間は慣れてしまうからです。

そんな時、ふと周りを見渡しても、自分と同じような気持ちの人や、自分よりもさらに低いモチベーションの人ばかりだったりすると余計に辛いかもしれません。

そんな時は、一つの仕事やスキルに突出する時が来ていると考え、挑戦してみましょう!

うまくいけばモチベーションと共にキャリアもアップ出来るかもしれません!

突出する対象を選ぶ

突出しよう!と決めたら、その対象を選びましょう。

選ぶ基準としては

  1. 自分の興味・関心が高いもの
  2. 他人に喜ばれるもの
  3. 将来のキャリアに役立つもの
  4. 社内に既に突出した人がいない(少ない)もの
  5. 自分、あるいは組織のスキルアップが望めるもの

これらのうち、3つ以上が当てはまるものが良いです。

営業成績、人脈形成、語学力、ITスキル、業務知識、リーダーシップ、何でも構いません!

とにかく徹底的に突出する

突出する対象を決めたら徹底的にやりましょう。

最低でも自分の所属する組織内で1番になることが重要です。

組織内で、対象の話題が出たら、セットで自分の名前が出てくるまでは努力をしましょう!

上司からの理解を得るために、あらかじめ取り組む旨を伝えておくと良いと思います。 社内で既に目指す人がいれば、その人を真似ることから始めることをオススメします。 真似る人がいなければ、社内の関係部門、友人、本、インターネットなど、あらゆるものを駆使して知識やノウハウを集めましょう。

そして、集めた知識を使ってどんどん挑戦してみましょう。

特にオススメなのは、社内の関係部門との連携です。

これは社内に人脈を作るだけでなく、自分の取り組みを理解してくれれば、思わぬ形で協力が得られるかもしれません。

多くの人はこの過程でモチベーションが上がっていることを体験できると思います。

突出することで期待できること

うまく突出することに成功できれば以下のようなものを得られるかもしれません。

  1. 組織内の人に頼られる信頼
  2. 社内での新しい人脈
  3. 会議などでノウハウや取り組みを共有する機会
  4. スキルアップによる次のキャリア

これらは自分のモチベーションを上げてくれる可能性が高いです。

会社は突出を望んでいない?

多くの日本の大企業は社員の平準化を望んでいます。

どの仕事もこなすことが出来る社員、欠点の少ない社員。つまり万能な社員です。

ただその一方で、何かに突出した社員も欲しいという矛盾を抱えています。

だから優秀な社員と呼ばれる人は、何かに突出しているケースがほとんどです。

あなたの社内で尊敬する人を思い浮かべて下さい。たぶんその人は「一言で言い表せる魅力」=「イメージ」を持っていませんか?

さらに優秀な人であれば、組織内でもその「イメージ」が共有されていると思います。 会社ではそういう人が出世します。結局、会社は社員の平準を望みながら、突出したリーダーが出てくるのを待っているのです。

そうと分かれば今すぐトライする価値がありませんか?

何でも構いません!好きなことに突出してみましょう!

どうでしたか?「突出」するメリットは充分に伝わったでしょうか?

良いと思ったらすぐに実行してみてください!他の人に取られてしまうかもしれませんよ?

それでは!

 

初速思考 30代で一気に突き抜ける人の集中戦略

初速思考 30代で一気に突き抜ける人の集中戦略