読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事に悩んだら、フリハク。

自由な働き方・生き方を考えるブログ

不確実な時代を生きるライフデザインの作り方

どうも!

今日は 「ライフプラン=人生設計」についてのお話です。

これを読む皆様はどんなライフプランを持っていますか? それはどの程度、実現できそうでしょうか?

 

お分かりのように、私たちは今「不確実な時代」を生きています。

10年後、日本がどうなっているか分からないばかりか、今の自分の仕事があるかどうかさえ、誰にも分からない時代です。

 

そんな不確実な時代に、私たちはどんなライフプランを持つべきでしょうか?

それについて僕らの時代のライフデザイン 自分でつくる自由でしなやかな働き方・暮らし方という本から考えてみたいと思います。

 

僕らの時代のライフデザイン 自分でつくる自由でしなやかな働き方・暮らし方

僕らの時代のライフデザイン 自分でつくる自由でしなやかな働き方・暮らし方

 

 

ライフプランからライフデザインへ

不確実な時代の人生設計に関して、著者はライフプランからライフデザインへの切り替えを提唱しています。

ライフ「デザイン」であってライフ「プラン」ではありません。これは重厚長大にプラニングして設計図を描き、その通りに進めていくという従来型の「逆算」の人生設計ではなく、いわゆる「デザイン思考」の発想に近い考え方です。 デザイン思考とは、イノベーションを達成するための考え方や技法のことで、事前にきちんとした計画を立てて実行する手法ではなく、とりあえずつくってみてから改良していくような試行錯誤型のアプローチです。 (中略)未来への道のりでは必ず障害にぶつかります。その度に僕らは自分自身を修正し、方向転換して進みます。道は一つじゃないし、途中で事故ってもまたやり直せばいい。大切なのは決して止まらずに、違う道を探し続けることです。

本文 P7〜8より引用

「デザイン思考」については以前に紹介したことがあります。

http://furihaku.hatenablog.jp/entry/2014/08/11/143000

 

著者はその手法を人生にも応用し、自分の人生を「デザイン」する方法を提唱しています。

今の人生を「レールの途中」とするか「自分の足で歩く」とするか。不確実な時代にはレールにもリスクがあることは確かです。

では、具体的に「ライフデザイン」とはどうするのでしょうか?

セルフ・ワーク・リビングをデザインする

ライフデザインセルフデザイン・ワークデザイン・リビングデザインの3つに集約されます。

名づけて「自・職・住」とのこと。これらは三位一体で、どれが欠けてもバランスが崩れてしまうそうです。

本の中では、これらのデザインを日本で上手く行っている人たちの実例が数多く紹介されています。

ここでは、その要素をお伝えしたいと思います。

1、セルフデザイン

セルフデザインのポイントは「多面性」です。

自分の可能性を一つに限定しないことがレールの上にはない可能性を引き出してくれます。

例えば、興味があることには、何でも首を突っ込んでみる。会社の自分と趣味の自分を並行で進めてみる。

自分をコンテンツと捉えてみるなどです。

様々な面を持った人は魅力的に感じますよね?そんな自分をデザインしてみましょう!

2、ワークデザイン

ワークデザインのポイントは「つながり」です。

著者は、仕事は「つながり」によって枝葉が伸びでいくと言っています。

「つながり」というとソーシャルメディアが思い浮かびますが、それだけではありません。

今、コワーキングスペースやシェアスペースと呼ばれる空間で出会った人たちが様々な化学反応を起こしてビジネスを立ち上げています。

もちろん、会社内でも新しい「つながり」が仕事を改善していくことが多くあります。 様々な人とつながりを持った人も魅力的ですよね?そんな自分をデザインしてみましょう!

3、リビングデザイン

最後はリビングデザインです。 リビングデザインのポイントは「多拠点」です。

田舎で暮らして都会で仕事をする。日本で仕事をして、海外に暮らす家を持つ。シェアハウス、DIYハウス。

これからの時代「住む」ということにも確実な変化が起こってきます。

田舎か都会かの二者択一ではなく、もっと新しい選択肢(=多拠点)を考えて良い時代なのかもしれません。

そして、その新しい手段を実行している人は既に日本にいます。 住む=環境は人生にとってとても大切な選択です。その選択ももっと新しくデザインしてみましょう!

 

以上、長くなってしまいましたが、参考になりましたでしょうか?

ライフデザインについて具体的に話を知りたい方は、ぜひ本書を手にとってみてください!

最後まで読んで下さった方に心より感謝致します。

それでは!

 

僕らの時代のライフデザイン 自分でつくる自由でしなやかな働き方・暮らし方

僕らの時代のライフデザイン 自分でつくる自由でしなやかな働き方・暮らし方