読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事に悩んだら、フリハク。

自由な働き方・生き方を考えるブログ

失敗した時に自分に問いかけるべき「価値のある質問」

ライフハック 働き方

どうも!

今日は「失敗」について考えてみたいと思います。

私も新しい仕事を始めて、まだまだ失敗をすることが多いです。

そんな時にいつも自分に問いかける質問を持っています。

良かったら参考にしてみてください!

 

申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。

申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。

 

 

失敗したのは「能力がなかった」からか?

失敗にはいろんな種類がありますが、大抵の場合はちょっとしたミスから引き起こされることがほとんどですよね?

決して「あなたに能力が無かった」わけではありません。

過去に戻って、もう一度同じ場面になったら、あなたは同じミスをしますか?恐らくしないでしょう。

それはあなたに「それをこなす能力がある」証拠です。こうやって自信を回復してみましょう!

失敗をしたからといって自分には能力がないと思ったり、自分は何も出来ないなんて思ってはいけません。

そのように思うことは、何のプラスも生み出すことはありません!

自分はどんな傾向の人間なんだろう?

私やあなたに能力が無いわけではないにしろ、失敗は起きてしまいます。

それならば失敗を「自分を見つめ直すチャンス」と捉えて「自分はどんな人間なのか」新しい認識を得る機会にしませんか?

例えば「忙しくなると周りが見えなくなる」とか「思ってるより約束を忘れやすい」などです。

 

失敗が起きた原因から、自分がどんな傾向の人間なのかを見つめてみましょう。

ポイントは自分に嘘をつかないこと!自分に嘘をついている以上、また同じ失敗をすることになります。

自分がどんな傾向の人間か分かれば、対策を立てられるはずです。次へ繋げましょう!

もちろん、ネガティブな自分を知ったからといっても「自分に能力が無い」わけではないことを忘れずに。

もしも、あの人ならこの失敗をどうするだろうか?

最後の問いは、自分の尊敬する人を思い浮かべて問いかけてみて下さい。

あなたが本当に尊敬している人なら、きっと失敗にもうまく対処するはずです。

自分で失敗にどう対処していいか分からない時には「こんな時、あの人ならどうするかな?」と想像してみましょう!

きっと良いアイデアが浮かんでくるはずです。

 

どうでしたか?参考になりましたか?

人間だったら、どんな人も失敗したら落ち込みます。

ただ「大失敗のエピソード」は、おいしい話のネタになることも事実です。

明るく前向きに頑張りましょう!

それでは!

 

申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。

申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。