読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事に悩んだら、フリハク。

自由な働き方・生き方を考えるブログ

いつまでも「Yahoo!ニュース」を見るのは止めなさい。

どうも!

今回は「キュレーション」のお話をひとつ。

キュレーションって便利だけど、大丈夫か?って思っています。

http://www.flickr.com/photos/45078337@N00/2381281647

photo by edkohler

 

1億総キュレーション時代

本題に入る前にちょっと「キュレーション」について解説します。

今、時代はまさに「キュレーション」なんです。

「Yahoo!ニュース、スマートニュース、グノシー」などなど、様々なニュース キュレーション サービスが出てきて、人気を得ています。

他にも「NAVERまとめ」などのまとめ系キュレーション サービスも人気です。

これからもっと様々なキュレーション サービスが出てくるでしょう。

 

そもそも、キュレーションってどういう意味かご存知でしょうか?

キュレーション:人手で情報やコンテンツを収集・整理し、それによって新たな価値や意味を付与して共有すること。(IT用語辞典バイナリより)

という意味らしいです。

 

ということはFacebookやTwitterなどのSNSで「美味しい料理の写真」を共有したりするのも、一種のキュレーションと言えそうですね。

そういう意味においては、今や誰もがキュレーター(キュレーションする人)と言えるのかもしれません。

当ブログのFacebookページでも「働き方・生き方・ライフハック」をテーマに、ちょっとしたニュースキュレーションを行っています。

 

キュレーションに頼ると馬鹿になる 

http://www.flickr.com/photos/29601732@N06/3404482191

photo by purplemattfish

前置きが長くなりましたが、ここからが今日の本題です。

キュレーションサービスってつまり、どこかの知らない誰かに、重要なものとか、面白いものを探してきてもらうってことです。

時間も手間も省けるし、便利なことは疑いようもありません。

 

でも、これって自分の頭をまるで使ってないことに気づきます。

 

何が大切で、何が大切じゃないのか、何が面白くて、何が面白くないのか、全部を人に任せてしまっているようなものです。

Yahoo!ニュースの編集者に何が面白いのか考えてもらっているんです。

 

それって何だか怖くないですか?

テレビがメディアとして成長した頃に「1億総白痴化」なんて言われたことがありましたが、インターネットのキュレーションにも同じような部分があるんじゃないでしょうか?

 

Yahoo!ニュースに載らなくても、もっと大切な、もっと重要な、考えるべきことはたくさんあるはずです。

 

「ニュースソース」があなたの「価値」を決める

じゃあ、Yahoo!ニュースじゃなくて何を見ればいいの?って思うでしょうか。

もちろん、Yahoo!ニュースも見てください。私も見てます。

でもそれだけじゃなくて、もっと色々なキュレーターに目を向けましょう。

 

目を向ける理由は別にSNS上で人気になるためじゃありません。

色々な面白いことを知っている・考えているということは、あなたという人間の価値にまで影響してくるのです。

 

あなたが初めて会う人が、Yahoo!ニュースで知ったような話ばかりしていたら、また会いたいと思うでしょうか?

大切なのは信頼出来るソースやキュレーターを見つけること

面白い話題を見かけたら、ぜひそのソースを見て下さい。

そこに面白い情報がたくさんあれば、あなたにとってピッタリのキュレーターがそこにいるということです。

そうやって信頼できるキュレーターを少しずつ見つけていくことが、これからのあなたの考え方や生き方を良いものにしてくれることは間違いありません。

 

面白いニュースサイトやブログ、メディアがあったら、ぜひ共有してくださると助かります!

それでは!

 

 3年前に「1億総キュレーション」を予言していた凄い本です!

キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる (ちくま新書)

キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる (ちくま新書)