読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事に悩んだら、フリハク。

自由な働き方・生き方を考えるブログ

散歩をしていると目の前に現れたのはゾウの神様だった。

 

小雨の東京、いなばのタイカレーを食べながら

 

f:id:furihaku:20150309131858j:plain

 

 いなばのタイカレーは本当に美味いですね。ご飯にかけるだけで、テンションの上がるごちそうに早変わりです。

 今日の写真はガネーシャです。カレーといえばインド。インドといえばガネーシャ。ガネーシャは、インドで最もポピュラーな神様です。学問と富を司る神様と言われています。学問の神様ということで、さぞ聡明なのかと思いきや、ずる賢く、嫉妬深く、癇癪持ちの神様なんだそうです。

 なんで急にガネーシャ?と思った方が大半だと思いますが、理由としては、最近「夢をかなえるゾウ」という本を読んだからなんです。

 この「夢をかなえるゾウ」はかなり売れた有名な本でして、知ってる方も多いと思います。簡単に説明しますと、自己啓発と小説を組み合わせた本ですね。自己啓発エンターテインメントという感じでしょうか。

 発売されたのは2007年ということで、ビジネス書と小説を組み合わせたタイプの本としては、かなり早い方だったのではないかと思います。「もしドラ」なんかも、この本の影響があるのかもしれないですね。

 恥ずかしながら、僕は「夢をかなえるゾウ」を読んだことがなかったのですが、先日、仕事で読む機会がありまして、読んでみたところすっかり魅了されてしまいました。

 前置きが長くなりましたが、この本に出てくる象がガネーシャなんです。本では、関西弁を話すめちゃ怪しい神様として登場します。

 そんなガネーシャのキャラクターをとても気に入っていたところ、近所を散歩していると「ガネーシャ」がいるではありませんか。うれしくなってパチリと写真を撮りました。

 「夢をかなえるゾウ」はとても人気のシリーズで、すでに3冊が発行されているようです。そんなに売れている本を、今さら「オススメです」なんて言うつもりはありませんが、優れた本であることは間違いありません。自己啓発として読むよりも、物語の続きが気になる本ですね。小説として楽しめる本です。

 これからさっそく「夢をかなえるゾウ2」を読んでみたいと思っています。

 こんな天気の日には読書が一番ですね。

 

いなば チキンとタイカレーイエロー 3缶P

いなば チキンとタイカレーイエロー 3缶P

 

 

夢をかなえるゾウ 文庫版

夢をかなえるゾウ 文庫版