読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事に悩んだら、フリハク。

自由な働き方・生き方を考えるブログ

自転車をこぎながら、僕はずっとニヤけていた。

 

冷蔵庫を開けたら、妻の名前が書いてある焼きそばを見つける。自宅より

 

f:id:furihaku:20150310132030j:plain

 

 今日は、修理に出した自転車を受け取りに行ってきました。

 天気予報をみたら晴れとなっていたんですが、日暮里につくと雨が降ってきました。空は一部晴れているところもあったので、にわか雨というやつですね。「うーん、ついてないなぁ。」と思ったのですが、自転車を受け取って外に出るとすっかり雨はやんでいました。それを見て「ついてるなぁ!」と思った僕は、ポジティブなのかもしれません。

 そんなこんなで、修理された自転車にまたがったわけですが、ペダルをひとこぎした瞬間に思わずニヤけてしまいました。この自転車を買って、初めてこいだ瞬間の感動がよみがえってきたからです。

 体重移動に合わせて吸い付くように動くハンドル。スルスルと思い通りに止まるブレーキ。地面のデコボコの衝撃を和らげてくれるボディ。この自転車は、こんなにも快適な乗り物だったんだ。そのことをはっきりと思い出しました。ずっと知っていたことなのに、また感動してしまいました。

 自転車をこぎながらニヤけてた僕は、傍から見たら相当にヤバイやつだったと思います。でも、快適になって帰ってきてくれたことがうれしくて、ずっとニヤけてしまいました。気づけば、あっという間に自宅に到着。

 また、この相棒と一緒に出かけるのが楽しみになりました。これからも大切に乗っていきたいと思います。

 ありがとう、おかえりなさい、そして、これからもよろしく相棒。