読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事に悩んだら、フリハク。

自由な働き方・生き方を考えるブログ

「Apple Watch」が売れない?バカ言っちゃいけないよ。

エッセンシャル思考

 

「世間はまず、聖書と相容れないと言う。次に、以前に発見されていることだと言う。最後に、初めからそう思っていたと言う。」

生物学者 ルイス・アガシー

 

仕事がはかどらなくて、ブログに逃げる。神保町のカフェより

 

http://www.flickr.com/photos/94184596@N00/16754202936

photo by hine

 

 Appleの「時計」が発売されようとしています。ここにきて「売れない」とか「いらない」とか声高に叫んでいる人がいるようなので、アドバイスを書いておきたいと思います。(半分は注目してもらいたいだけの人だと思いますが)

 「iPhone」が発表されたとき、電話とiPodを組み合わせただけのガジェットだと言う人がいました。マニアは買うだろうけど、一般人には必要ないと言われました。今では世界中の人が使っています。Androidというパクリまで出てきました。

 「iPad」が発表されたとき、ただデカイだけのiPhoneだと言う人がいました。マニアは買うだろうけど、一般人には必要ないと言われました。今では、教育、医療、ビジネスで使われています。多くの営業マンがiPadを持ち歩いています。

 

「人は形にして見せてもらうまで、自分が何が欲しいのか分からない」

スティーブ・ジョブズ

 

あえて言います。

「人は形にして見せてもらっても、自分が何が欲しいのか分からない」

 

 多くの人が「iPhone 3G」を買わなかったように、「今回の」Apple Watchは買わないかもしれません。ただそれは、目の前で起きている変化に鈍感だということです。自分がイノベーターではなく、レイトマジョリティーだと表現しているに過ぎないのです。

 数年後、今のApple Watchを批判した人の手首に、新しい林檎のマークの時計が巻かれているかもしれません。「ようやく欲しい時計が出たよ」と、その人は言うでしょう。でも、それは自慢できることでも何でもありません。すでに多くの人が可能性を見出したものに、「後乗り」しただけのことです。「自分には可能性を見る目が無かった」という証を手首に巻きつけて。

 そのような惨めな思いをしないためにも、安易に批判するのではなく、可能性を見いだせる人であってほしいものです。

 Appleが時計を出します。それは時計には可能性があるということです。

 あなたはその「可能性」に気づいていましたか?

 大切なのは、可能性という想像力をふくらませることだと、僕は思うのです。