読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事に悩んだら、フリハク。

自由な働き方・生き方を考えるブログ

「クリスマス」と「自由」と「ビクトール・フランクル」

どうも!

今日は、クリスマス・イヴですね。

今日から明日にかけて、インターネットでは、クリスマスを呪う「黒い情報」が飛び交うことでしょう。

 

今日はビクトール・フランクルの言葉を紹介して、そんな生霊たちの鎮魂に替えたいと思います。

「人間の自由とは、或る状態から抜け出すことの自由ではなく、状態に対してある態度を取る自由なのである。」ビクトール・フランクル

 これは言い換えればこうなります。

 

「人間の自由とは、12月25日から抜け出すことの自由ではなく、クリスマスに対してある態度を取る自由なのである。」

 

私も昨日と何も変わらない今日を迎えています。

今日がクリスマス・イヴだと言われなければ、何も考えなかったと思いますし、こんなエントリーも書かなかったでしょう。

クリスマスから逃げることはできません。

しかし、クリスマスに対してどのような態度を取るかということにおいて、私たちは絶対的に自由なのです。

 

クリスマスを恨むのか、呪うのか、あるいは楽しむのか。

私たちの自由はそこにこそ、存在していると思うのです。

 

さぁ、思いのたけをインターネットにぶちまけましょう!

それは私たちの自由です!

 

夜と霧 新版

夜と霧 新版

 
『夜と霧』ビクトール・フランクルの言葉

『夜と霧』ビクトール・フランクルの言葉