読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事に悩んだら、フリハク。

自由な働き方・生き方を考えるブログ

【58年の歴史】新宿ミラノ座が閉館「最後の上映」に行ってきた

どうも!

2014年12月31日で新宿ミラノ座が閉館するそうです。

最後にメモリアル上映があるということなので、友人と行ってきました。

 

58年の歴史ある新宿ミラノ座。お疲れさまでした。

f:id:furihaku:20141231000235p:plain

 

観たのは「マトリックス」500円で全席自由席でした。

f:id:furihaku:20141230144118j:plain

 

ロビーには当時のポスターなど、粋な演出も。

f:id:furihaku:20141230143654j:plain

 

新宿ミラノ座といえばこの「幕」。別れを惜しむ多くの人が集まっていました。

f:id:furihaku:20141230144334j:plain

 

新宿ミラノ座と私

私が新宿ミラノ座に通い始めたのは、今から13〜14年前、まだ高校生の頃でした。

それまでは池袋で映画を観ることが多かったので、初めてミラノ座に入った時は、その大きさに驚いたことを覚えています。

私のミラノ座での一番の思い出は、2003年の「マトリックス レボリューションズ」の世界同時公開です。

そう、新宿ミラノ座にキアヌ・リーブスが来たあの日、私は友人と9時間近く並んで、それを見る権利を獲得しました。今思えば、お金は無くとも時間はあったのでしょう。

雨の降る歌舞伎町、来るか来ないか分からないキアヌ・リーブスが、リムジンから本当に姿を現した時の興奮は今も忘れません。

そんなミラノ座で今日、最後に観た作品が「マトリックス」だったことは、何かの縁があったように思います。

 

さようなら、古き良き時代 

 今日の上映で「ちょっとしたこと」が起こりました。

「マトリックス」が始まるときに、拍手が起こったのです。

そこにいた人で、マトリックスを観たことがない人はいなかったでしょう。

それでもマトリックスが上映されることに、みなが拍手をしました。

そして、上映が終わったときにも、拍手は鳴り響きました。

監督も、役者も、舞台には誰一人いませんでした。

みなが知っているマトリックスを観て、ただただ拍手が起きたのでした。

その拍手は、古き良き時代への感謝と、その別れを惜しんでいるようで

私には、少し悲しい音に聞こえてしまいました。

 

「ありがとう、新宿ミラノ座。そして、さようなら」

 

 今週のお題「2014年のお別れ」〈2014年をふりかえる 3〉