読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事に悩んだら、フリハク。

自由な働き方・生き方を考えるブログ

僕は僕の夢を見ているか?人生は短く、幸せは儚い。

雑記

今回はとりとめの無い話を書きます。

意味や教訓がなくても許されるのが、ブログの良いところでもあると思うのです。

 

最近とても好きなブログがあります。

フミコフミオさんのブログです。


小保方さんはSTAP細胞の夢を見るか? - Everything you've ever Dreamed

はてなブログを使っている方はご存知だと思います。まさに「孤高のブロガーさん」です。(もちろん良い意味で)

僕がフミコフミオさんをすごいなぁと思うのは「文章」が面白いところです。

日本でも「話の内容」が面白い作家さんはたくさんいます。でも「文章」が面白い作家さんはすごく少ないです。例えば村上春樹や町田康。数少ない文章で勝負する作家です。僕はフミコフミオさんの文章にも同じものを感じるので、とても好きです。僕の勝手な解釈ですが。

 

フミコフミオさんはこう書いていました。

夢には、希望や目標と夢幻のふたつがあって、そのふたつの夢を混同し、取り違えてはダメなのだ。

今年の6月に会社を辞めた私は考えます。

 

「僕は取り違えていないだろうか?」

 

今は分かりません。この先、分かる日が来るかも見えていません。

人間や人生を理解するには、僕らの人生はあまりに短すぎるのです。

 

人生は短く、幸せは儚い。

僕らの日常は、実はいつもギリギリのバランスで保たれていることに気づきます。

この間、よく行くラーメン屋さんでラーメンを食べました。「うまいです!」と大将に言うと、大将が申し訳なさそうに言いました。

「そのラーメン、本当はそこにバターが乗るんだよ」

バターが不足していました。

「お菓子とかケーキとかね、そういうところが優先されてて、うちみたいなところには入ってこないんだ」

原因は乳牛が猛暑で病気になったことと、酪農家が高齢で廃業しているためと政府のホームページに書いてありました。

続けて、こういった趣旨の内容が記されています。

 

「今後は輸入を増やすので大丈夫です。」

 

僕らの幸せはいつもギリギリのバランスの上で微笑んでいます。

バランスボールの上に片足で立って両手で皿を回しながら、こう問うてきます。

 

「君は今、幸せかい?」

 

フミコフミオさんのブログを見ながら、ニヤニヤしている僕は幸せだなぁと思ったりするわけです。