読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事に悩んだら、フリハク。

自由な働き方・生き方を考えるブログ

今年のクリスマスのプレゼントは、これに決定しました!

どうも!

もうすぐクリスマスですね。

もう皆さんはプレゼント決まっていますか?

今年の妻へのプレゼントは、これにしました!

 

TOKYO BIKE LITE (Mustard)

f:id:furihaku:20141213170733j:plain

tokyobike Official Site -TOKYOBIKE LITE-

商品コンセプト

  • こぎ出した瞬間、自然と笑顔になる。
  • tokyobike初の女性スタッフが女性のためにデザインした自転車です。女性がスマートに、そしてイキイキと街を楽しんでいる姿を想像してデザインしました。変速のない軽めのシングルギア、服を選ばないフレームの形、カラーも豊富なカゴなどのオプションパーツ。単に移動するための手段ではなく、自転車に乗る時間が楽しくなる、女性ならではのアイデアがいっぱいです。

 私も愛用しているtokyo bikeの女性用のLITEです。

カラーは妻に聞いて、黄色にしました!

 

実はこのところ、妻が私の自転車をとても気に入って乗っていたんです。

でも、私のは男性用で、ちょっと妻には大きいので、新しいものを買ってあげることにしました。

ちなみに私が乗っているのはこれです。

 

TOKYO BIKE 26TRAD

f:id:furihaku:20141213172917j:plain

こちらは今は販売されていないみたいですね。

近いモデルとしてTOKYO BIKE BISOU 26になっているようです。

 

トーキョーバイクはコンセプトが素敵

そもそも私がトーキョーバイクを買ったのは、ラジオで創業者の方がコンセプトを語っていたのを聞いたからでした。

実際に買って乗ってみると、今までの自転車とはまるで違っていました。

トーキョーバイクは、軽くて、こぎやすくて、どこまでも進んで行けるようなワクワクする自転車でした。

 

最後にトーキョーバイクのコンセプトを紹介したいと思います。

とってもオススメの自転車ですよ!

 

  • CONCEPT

    トーキョーバイクはそのネーミングを思いついたときから全てが始まりました。山を走るのが「マウンテンバイク」なら、東京を走るのが「トーキョーバイク」だと。

  • 私たちが思い描いたのは、トーキョーバイクに乗る人々の楽しそうな笑顔でした。速く走ることや移動することだけが目的ではなく、なんでもない日常にささやかな変化を加えるツール。そんなものを作ろうと思いました。

  • たとえば、肌触りの良いタオルだったり、書き心地の良いペンだったり、使い勝手の良い道具だったり。日々の暮らしの中で気分を軽くするのは、こういった作り手たちのさりげない心配りがこめられたものではないでしょうか?

  • 私たちは信号や坂道の多い東京を気持ちよく走るためにどうすればよいかを考えました。スピードを出すことよりも、踏み込んだ瞬間の軽さや、上り坂をすいすいと上れる気持ちよさ。言い換えれば自転車を意識せず風景や空気の匂いを感じるためのデザイン。

    テーマは " TOKYO SLOW "

    そこからフレームをデザインし、使用するパーツを一つ一つ吟味しました。そうしてできあがったのがトーキョーバイクなのです。

 

うーん。良いコンセプトだなぁとつくづく思います。

妻と二人、トーキョーバイクにまたがってどこへ出掛けようか?

今から楽しみです。

それでは!