読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事に悩んだら、フリハク。

自由な働き方・生き方を考えるブログ

あなたが「行動できない理由」は「計画を立てるから」

ライフハック

どうも!

今日は行動するための簡単なハックを一つ、ご紹介します。

私たちは「行動することの大切さ」を充分に知っているのに、なぜ行動できないのでしょう?

行動を起こすために必要なこと、それは実は「計画を立てない」ことです。

 

行動したいなら計画を立てるな

計画も立てずに行動するなんて、愚かなことだと思いますか?

実際には、そんなことはないのです。

ただ、私たちはずっと「よく考えて行動しろ」「計画を立ててから実行しろ」と教え込まれてきました。

だから、計画を立てないで行動するのは悪いことだと思い込んでいます。

しかしながら、本当に行動できる人は計画を立ててから行動をしません。

計画は行動を阻害するからです。

なぜ計画を立てることが行動を阻害するのでしょうか?

 

計画を立てることのデメリット

行動を立てることにはメリットもありますが、ここではデメリットを見てみましょう。

行動までの時間が先延ばしされる

行動を起こそうと思ったあなたの熱意は、とても尊いものですが、同時にとても儚いものです。

行動する前に計画を立てようとすると、実際に行動するまでの時間が先延ばしされます。

すると始めに持っていた熱意が冷めるだけでなく、チャンスそのものを失う可能性もあります。

リスクを過大評価する

計画を立てるということは、必然的に行動のリスクを計算することになります。

人間にはリターンよりもリスクを過大に評価する機能(プロスペクト理論)が備わっていますので 計画を立てれば立てるほど「今回は止めておこう」となるのです。

コントロール幻想に囚われる

計画を立てるデメリットで一番やっかいなのが「コントロール幻想」です。

「コントロール幻想」というのは心理学の用語で「実際には自分で制御できないものを、制御できるように錯覚すること」です。

簡単に言うと「自分だけは特別」と思い込む意識です。

 

このように考えてみましょう。

世の中全体では「実際に行動に移された計画」「立てるだけで行動されなかった計画」のどちらの方が多いと思いますか?

恐らく後者の方が多いでしょう。 計画を立てれば行動できるのであれば、禁煙やダイエットで悩む人などいないはずです。

 

ではなぜ、あなたの場合には「計画を立てると行動できる」と言えるのですか? それはどこかに「他人は無理だけど自分は特別」という意識が発生しているからです。

行動するのに計画が必要と考えている人は、計画が行動をコントロール出来るという幻想に囚われています。

 

行動しながら計画を立てろ

では、計画とは必要ないものなんでしょうか?

全くそんなことはありません。

実際には、行動をした瞬間から計画が必要になります。

だから、本当に行動できる人は行動しながら計画を立てるのです。

これは会社も同じです。

会社はビジネスを動かしながら、次のビジネスの計画を立てています。

計画を立てる間、ビジネスを止める会社はほとんどありません。

 

 

私もブログのエントリーを書く際には、できるだけ計画を立てないようにしています。 まず書いてみてから、アップするか考えます。

そうしないと「これ面白いかな?」とか色々考えてしまって書かなくなるからです。

書いてみて、泣く泣くボツになるエントリーもありますが、違った形で再登場する場合もあります。

まず行動を起こすこと。これが大切だと思います。

参考になったでしょうか?

それでは!

 

なぜ直感のほうが上手くいくのか? - 「無意識の知性」が決めている

なぜ直感のほうが上手くいくのか? - 「無意識の知性」が決めている

  • 作者: ゲルトギーゲレンツァー,Gerd Gigerenzer,小松淳子
  • 出版社/メーカー: インターシフト
  • 発売日: 2010/06
  • メディア: 単行本
  • 購入: 7人 クリック: 45回
  • この商品を含むブログ (10件) を見る